ユーグレナの実用化技術

ダイエットだけじゃない!ユーグレナの効果

ユーグレナの実用化技術

ユーグレナは奇跡の生物とさえ呼ばれており、さまざまな業界から注目を浴びています。
現在一般的な認知度のある分野は、やはり食品と燃料でしょう。
食品加工はそもそもユーグレナの屋外培養に成功した研究者にとっての根源的な分野です。
貧困国の栄養問題を救済したいという動機で、彼がユーグレナの培養を研究し、それに成功したことが、今日規模を拡大し続ける「ミドリムシ市場」の始まりなのです。
しかし、その研究過程で彼に協力した企業は、食品業界ではなく燃料関連の有名企業でした。
ユーグレナの屋外培養が可能になれば、バイオ燃料の原料として実用化が見込めるからです。

現在では既に、ユーグレナの加工食品が市販されるようになっていますよね。
ユーグレナの屋外培養に成功した研究者が代表取締役社長を務める某株式会社では、2020年までに航空機燃料として実用化する予定で、某有名航空会社などもこれに提携しているのです。

しかしユーグレナの実用性はこれら分野のみではありません。
もう一つ実用化が有力視されている分野が存在します。
それが「プラスチック加工」という分野です。

ミドリムシが作る高分子に、ミドリムシ、もしくはカシューナッツの殻から得られる油脂成分を付加することでバイオプラスチックを精製する技術が研究されています。
従来のバイオプラスチック、石油由来の樹脂にも劣らない耐熱性をもった新しいバイオプラスチックが誕生するかもしれないのです。

このようにユーグレナはさまざまな技術と研究によって、多くの分野から注目を集める生き物となっているのです。
バイオ燃料としての実用化については燃料関連企業が研究に出資していますし、現在は航空会社などが提携しています。
プラスチック加工についても、某有名PC関連企業の研究施設が関わっています。
大手企業の多くが注目するユーグレナですので、ユーグレナ関連業者の株を買うなら今かもしれませんね。